googleフォトバックアップ

Googleフォトで旅行の写真をバックアップしよう!

スマートフォンで旅行の思い出写真をたくさん撮っていると、スマートフォンが壊れたとき写真が見られず困ってしまいます。そんなときはGoogleフォトが便利です。Googleフォトでバックアップを取っておけば、スマートフォンから間違って写真を消してしまっても、Googleフォトから閲覧、ダウンロードすることが可能です。

今回はそんな便利なGoogleフォトを使って、スマートフォンからのバックアップの仕方をご紹介します。

Googleフォトってなに?

Googleフォトは、オンラインで写真・動画の管理、バックアップなどができるサービスです。無料の場合でも、高画質、容量無制限でバックアップを取ることができます。

Googleフォトでバックアップを取っておけば、スマートフォンの中にある写真と動画を消したとしても、Googleフォトには残ったままになります。スマートフォンの容量を空けるための手段としても活用できます。「スマートフォンの容量が写真や動画でいっぱいになってしまった。でも消せない」という悩みもなくなりますし、「前の旅行の写真見せてー! 」と言われてもすぐGoogleフォトから相手に見せることができます。

Googleフォトでバックアップする方法

端末によって、初期に出る設定画面の表示のされ方などそれぞれ違いが出てくると思いますが、だいたいこのような操作をしていただければバックアップまでたどりつけます(今回筆者はiPhoneから操作しています)。

  1. Googleフォトアプリをインストールしてアプリを開く
  2. 「Googleフォトが写真へのアクセスを求めています」と出るので「OK」をタップ(通知設定はお好みで)
  3. バックアップを取るのに使いたいGoogleアカウントでログインします。既にログインされている場合は、使用したいGoogleアカウントを選び、「〇〇さんとしてバックアップ」をタップ
  4. バックアップの設定という画面になるので、「高品質」か「元のサイズ」を選びます。
    • 「高品質」は写真だと1600万画素、動画だと解像度が1080pを上回る場合自動で圧縮されますが、無料で使用できて容量無制限です。
    • 「元のサイズ」は元の画質で保存されます。無料で利用する場合は容量制限があり、Googleアカウントの容量が使用されます(最大15GBまで)。
    次に、「Wi-Fiを利用できないときはモバイルデータ通信を使用する」を「オフ」に。オフになっていることを確認したら「確認」をタップ
  5. すると、現在操作している端末に入っている、写真や動画の一覧画面になったと思います。左上の「≡」をタップ
  6. 「設定」→「バックアップと同期」をタップ
  7. バックアップと同期をオンにするとバックアップが開始されます。

これでGoogleフォトに写真がアップロードされていきます。
Googleフォトにバックアップがされていない写真や動画には、右下に雲に斜線が入ったマークが表示されます。そのマークが消えていれば、Googleフォトに保存されたということになります。

バックアップするときの注意点

最初の設定で「Wi-Fiを利用できないときはモバイルデータ通信を使用する」を「オフ」にしておけば問題ないと思いますが、「モバイルデータ通信の使用がちゃんとオフになっているか確認したい……! 」という方は、左上の「≡」→「設定」→「バックアップと同期」→バックアップと同期を「オン」にした画面から、「モバイルデータ通信を使用して写真をバックアップ」、「モバイルデータ通信を使用して動画をバックアップ」というのが出てきますので、こちらでオフになっているか確認できます。オンにしてしまうとモバイルデータ通信料への負担が大きくなってしまいますので、使用する際はご注意ください。ここをオフにしておけば、Wi-Fiでのみアップロードされる設定になります。

まとめ

Googleフォトでのバックアップ、意外と簡単で、しかも便利ではありませんでしたか? 大切な写真が失われたらという不安や、容量を気にせず、どんどん楽しい旅行の写真を撮っていきましょう!