Googleマップ現在地共有

Googleマップで現在地を簡単に共有する方法

旅行先で、「知らない土地で友達とはぐれてしまった」「今からもうひとり旅行に合流する予定だけれど、自分の現在地をうまく伝えられない」など、いまいち場所が説明できないときがありませんか?

今回は、Googleマップで自分の現在地を共有する方法をご紹介します。

共有の仕方

現在地を伝える側はGoogleアカウントが必要ですが、相手にはURLを伝えるだけで共有できます(今回はiPhoneからの操作方法をご案内しますが、Androidでも同じような操作で使えます)。

現在地を共有する側のすること

  1. Googleマップアプリを開きログインする
  2. 左上にある、「≡」のメニューアイコンをタップし、「現在地の共有」をタップ
  3. 下にある「使ってみる」ボタン、もしくは右上のユーザーを追加するアイコン(プラス記号の右に人型が描かれているアイコン)をタップ
  4. 現在地を共有する期間を指定する
  5. 「メッセージ」をタップしてSMS/MMS/iMessageを使用して共有するか、もしくはその他の「…」アイコンをタップし、URLのコピーやメールなどを使用して共有するかを選ぶ
  6. 選ぶと「現在地を共有しますか? 」という画面になるので「有効にする」をタップ
  7. 指定した方法でURLを共有したい相手に伝える

これで現在地の共有は完了です。URLが記載されたメッセージを受け取ったユーザーは、指定した期間中で現在地を確認できます。

URLを相手に送ってしまえば、指定した期間中は位置情報がバックグラウンドで共有されていますので、Googleマップアプリを閉じてしまっても大丈夫です。

現在地を伝えられた側のすること

URLが記載されたメッセージを受け取った人は、そのリンクをタップするだけです。これで現在地を伝えた側が今どこにいるのかわかります。

ペン子ちゃんの現在地がしっかり共有されましたね。

困ったら使ってみよう!

このように簡単に現在地を共有することができます。特に移動しながらの場合とても便利ですよね。旅行など、困ったときはぜひ活用してみてください!